聴覚障害支援メディア研究室

 新生児の約1,000人に1人から2人が、聴覚に何らかの障害を持って生まれてきます。聞こえない、もしくは聞こえにくい子どもは、早期に発見して適切な支援を開始することでコミュニケーションの形成や言語発達の面で大きな効果があります。聴覚障害は先天性(生まれつき)の障害だけでなく、だんだん聞こえなくなる進行性や、突然聞こえなくなる後天性の障害もあります。世界保健機関(WHO)の発表によると、高齢者人口の増加などで、世界的に聴覚障害に苦しむ人が増えており、2050年には現在の約4億7千万人から約9億人に達する可能性があるとされています。日本ではこの10年間で、約500万人から550万人に増加したと推定されます。
 
 聴覚障害の原因は、遺伝によるもの、はしかや水ぼうそうなどの感染症、結核などの治療剤による副作用、加齢によるものなどが考えられます。さらに近年では、若者を中心にスマートフォンなどで大音量の音楽を長時間聞く習慣があることから聴覚障害になるケースも増えています。足に障害があり車椅子に乗っていたり、視覚障害があり白杖をついているのとは異なり、聴覚障害は見ただけでは分かりにくいという特徴があります。また、補聴器や人工内耳をして聞こえが改善したとしても、健聴者と同じように聞こえることはありません。
 
 平成28年4月1日より施行された「障害者差別解消法」により、障害者に不利益がないような社会環境の整備が求められています。東京オリンピックに向けて、東京都では多目的トイレの設置や点字ブロックの設置が進んでいます。しかし、聴覚障害者に対する必要な配慮がまだ周知されていないため、「きこえのバリアフリー」はまだあまり進んでいないのが実情です。
 
 「聴覚障害支援メディア研究室」は、新しいテクノロジーを活用したり、コンテンツの表現を工夫したりすることにより、聴覚障害者の方々が少しでも暮らしやすい環境づくりを目指した研究をいたします。

お知らせ

2022.6.1 2023年度卒研選抜情報を公開しました。
2022.5.31 リリースを更新しました。
2021.6.10 2022年度卒研選抜情報を公開しました。
2021.5.22 リリースを更新しました。
2021.5.3 リリースを更新しました。
2020.7.13  2021年度卒研選抜情報を非公開にしました。
2020.6.23  オンデマンド説明会の動画を公開しました。
2020.6.19  2021年度卒研選抜情報を公開しました。
2020.6.13  リリースを更新しました。
2019.5.16  2020年度(2021年3月)をもって「コンテンツビジネスイノベーション研究室」は終了し、「聴覚障害支援メディア研究室」を立ち上げます。


研究内容

ことばを楽しく覚えるためのアプリ「Vocagraphy!(ボキャグラフィー)」を開発


聴覚障害児の療育向けスマホアプリを開発いたしました。2020年3月にiOS版を国内リリースして以降、現在はAndroid版もございます。また、2022年10月末に進化した「Vocagraphy+(有料)」もリリースしました。リリース以降、聴覚障害児だけでなく、発達障害のお子さんや、失語症の大人の方のリハビリにもご利用頂いております。
ボキャグラフィーの使い方や使用例は、ウェブページにて動画付きでご覧頂けます。また、Facebookページもご覧頂けると、最新の情報をご覧頂けますので、ぜひチェックして下さい。
ウェブサイト
http://www.blw.jp
Facebookページ
https://www.facebook.com/vocagraphy/

開発協力:株式会社 夢現舎、渡辺電気 株式会社


  • 振動デバイスとLEDを用いた音楽伝達手法
  • コーダを対象とした言語学習支援アプリの提案
  • 聴覚障害者のスポーツ活動時における課題
  • 生活音の検知と通知
  • 聴覚障害者を対象としたスマートハウスシステムの提案
  • CODAの心理的負担を改善する支援
  • 聴覚障害者のための火災探知と避難誘導
  • 企業における聴覚障害者のコミュニケーション支援 
  • 高齢難聴者のコミュニケーション支援
  • 複数話者によるコミュニケーションの支援
  • 聴覚障害児のための音楽療法を用いたプロソディー訓練方法
  • 聞き取りやすいクラシック音楽の作曲法
  • 読話における言語理解度の検証
  • スマートグラスを利用した聴覚障害者向けコンテンツの提案
  • 聴覚障害者の課題を可視化するアプリの提案
  • 自動テキスト化技術を用いた駅のリアルタイム情報伝達システムの提案
  • 360度動画を用いた危険察知システムの提案
  • Cymaticsによる音の可視化
  • 聴覚障害者とボランティアを繋ぐサービスの提案
  • 聴覚障害児の家庭における日本語学習の課題
  • 聴覚障害児を対象とした言語学習の提案

リリース

[2022.11.6/サイエンスアゴラ(イベント)]科学技術振興機構「STI for SDGsアワード」優秀賞を受賞し、サイエンスアゴラで登壇しました。
[2022.9.26/目で聴くテレビ、テレビ神奈川、KBS京都(TV)]アプリが紹介されました。
[2022.8.28/TOKYO MX「ええじゃないか!!」(TV/YouTube)]アプリが紹介されました。
[2022.5.25/公益社団法人かながわ福祉サービス振興会「かながわ障害者IT支援ネットワーク」(WEB)]アプリが紹介されました。
[2022.4.13/東京MXテレビ「堀潤モーニングFLAG」(TV)]アプリが紹介されました。
[2022.3.16/テレビ東京「SDGsファイル/チェンジ・ザ・ワールド」(TV)]アプリが紹介されました。
[2021.9.23/NHKワールド「NEWSLINE IN DEPTH」(TV)]アプリが紹介されました。
[2021.8.25/NHKワールド再放送(TV)]アプリが紹介されました。
[2021.6.2/NHK WORLD-JAPAN(世界配信)]NHK WORLD-JAPANでアプリと研究室が紹介されました。
[2021.5.17/NHK(全国放送)]NHK「おはよう日本」でアプリと研究室が紹介されました。
[2021.5.13/NHK(WEB)]NHK「首都圏ナビ WEBリポート」でアプリと研究室が紹介されました。
[2021.4.20/NHK(首都圏局)]NHK「首都圏ネットワーク」でアプリと研究室が紹介されました。
[2020.5.25/東京新聞]難聴のまな娘にアプリ開発
[2020.3.10/八王子経済新聞]写真で作る「言葉カード」アプリ 東京工科大講師が難聴の愛娘のために考案
[2019.8.19/個人ブログ]聴覚障害児を対象としたプログラミング教室を行ってみた感想
[2018.8.21/大学リリース]吉岡英樹メディア学部講師らが、田中美郷教育研究所との連携により難聴児を対象とした「夏休み子どもプログラミング体験教室」を開催。
 


お問い合わせ

本研究室に関するお問い合わせは以下のフォームから受け付けております。
必要な項目をご記入の上、「記入内容を確認」ボタンをクリックしてください。

-研究室は研究棟C420です-